挫折を潰したる!

どうも、もりーです。

事あるごとに挫折を経験した身ですが、

なんとか生きてます。

厳密には生きてるというよりは、

存在していると言ったほうが正しいですが…

今回はお世話になってる「挫折潰し」という

ことについてお話していこうかなと。

立ち上がるのは容易ではない

いろいろとやってみようと思うことがあるとして、

やってるうちにどこかでけっつまずいてしまうものです。

一度こけたという経験ってなかなかにクセモノ。

「あの時やらかしたから…」とか、

「またやらかしそう…」とか、

「うまくできないかも…」とか。

主観的にやれるならこんなところで済みますが、

同じことを志して努力する他者を見ると、

「あの人みたいにできない…」とか、

「差が大きすぎるよ…」とか。

他者との対比が挫折のきっかけになったりします。

んでもって、こういう経験って面倒なことに

後々までついて回るんですよね。

自力で克服できる人はそれでいいのですが、

自力で克服しきれない人も多いはず。

僕もそうですよ。

相対的に見て劣等感を感じたり、

できもしないのに変に完璧主義的で、

思い込みが激しいので、

ひどいときは何もないところで勝手にこけます。

他の人が軽々クリアするポイントが壁になります。

進んでても不安に感じたりもします。

だからこその「挫折潰し」なんですよ。

あなたは大丈夫?

僕の場合は現在受講中のコンサル企画に

「挫折潰し」用のコンテンツがついてるおかげで、

時折「挫折潰し」に戻ってリスタート。

というのが比較的容易でしたが、

あなたの環境に「挫折潰し」ってあります?

受験とかだと成績が伸びない挫折、

会社とかだと仕事に対応できない挫折、

広く社会という意味で環境になじめない挫折、

いろんな挫折があると思います。

その時その時でどんな「挫折潰し」が必要になるかも

異なってくるので、対応は簡単じゃないと思います。

ただ、実体験でいえることがひとつ。

【挫折ポイントを誰かに話すこと】

これだけで少し変わるんですよ。

もちろん誰にでも、何でもというわけにはいかないでしょう。

だからこそ「嘆きの穴」も利用してもらえばいいんです。

(「嘆きの穴」についてはこちらから)

あなたが、挫折から一秒でも早く立ち直れるなら

それに越したことはありません。

また、あなたがコンサル業をしていて

挫折しそうな人がいるかもと思うなら、

ぜひ「挫折潰し」用のコンテンツも考えてもらえたらと思います。

 

互いに支えあうという実感が持てる環境なら、

少なくとも人間関係での挫折は回避できる。

あなたの支えになれるなら、どうぞ使い倒してください。

 

ほんじゃあね、もりーでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする