希望よりおすすめ

どうも、もりーです。

今回も唐突ですが、希望はお持ちですか?

お持ちの方→いいですね!その希望を大切にしましょう。

お持ちでない方→希望より持つべきものをおすすめします。

希望って実は…

これは僕が高校時代、生物を担当してくれてた先生の言葉なのですが、

「希望の(希)の字。これって希塩酸、希硝酸の(希)だよね?

ってことは希望って(薄い望み)って意味じゃん。

だからオレ(希望)って言葉嫌いなんだよね。」

約15年前の記憶ゆえに曖昧ですが、こんなニュアンスだったはず。

確かにそうなんですよね。薄い望みに夢とかを託すってなると、

いくらか不安になりませんか?

なので僕は(野望)とか(欲望)って言葉をお勧めします。

野望ですが、イメージとしては生まれ育った家とか地域などの

慣れた環境から外界に向かう望みですね。

(辞書における意味合いと合致するものではないので注意)

野=外界としてとらえたら、野望って言葉の持つハングリー精神的なもの、

ガツガツ、ギラギラとした感覚が伝わりやすいかなと思います。

欲望という言葉は特にそんな感覚が伝わるかなと思います。

だって「望み、欲する」ですからね。

同様の意味の漢字を並べたものですから、言葉の強さは相当なものです。

野望とは第一歩

イメージとしては生まれ育った家とか地域などの慣れた環境から

外界に向かう望みとしての(野望)。

慣れた環境を捨てるというのは苦しいことも伴いますが、

行動における最初の一歩とも言えます。

言い換えれば立志伝の1ページ目なんですよ。

あなたの立志伝のスタートにふさわしい言葉を送りたいと思ったから、

希望ではなく野望をお勧めしたのです。もちろん欲望でもOKです。

すでに希望を胸に、先へと向かわれているのであれば、

そのままKEEP ONですよ。

 

今回もお付き合いいただきありがとうございました。

ほんじゃあね、もりーでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする