あくまでも、あくまで…

どうも、もりーです。

最近メンタルがブレブレのガタガタですが、何とかやってます(笑)

目標はまだ遠く、遠くに豆粒くらいの大きさで見えるか否かといった感じで、

自分が進んでいる感覚がいまいちつかめないですね。

点数化できるようなものなら、自身の進行度とか把握しやすいんですけどね。

当面はサクッと読める記事作りを意識して、文字数少な目でお届けします。

では、今回は冒頭で出した目標に関してのお話にしようかなと思います。

手段を問わず

悪魔に魂を売る。

こういうこと言うと抵抗を示す方もいらっしゃるかなとは思いますが、

目標の達成とか結果の追求に際しては手段は選ばずですよ。

(とはいえ刑法とかは多少気にしてくださいね。さすがに。)

あくまで気の持ちようとして、ですからね。

意地でも達成したい目標とか、欲しい結果があるなら、

それくらいの気持ちで臨んでみてもいいと思います。

そこまではしたくないなという方は、自身の負の感情を利用しましょう。

怒りとか、憎しみとか、否定された経験とかはかなりの力を貸してくれます。

最初の一歩には十分すぎるでしょう。

十分すぎて初動だけなら頭一つ分くらい抜けた存在になれるでしょう。

マンガとかでも強いキャラってこういう負の感情があるから強いって

思えるイメージがありますね。…もちろん例外はあるでしょうけど。

今回のまとめとしては成したいことがあるなら、きれいごとばかりでいく

必要はないということ。使えるものは何でも使ってしまえということです。

 

…余談ですが、昔「デビルマン」の完全版を読ませてもらう機会があって、

終盤の展開で人間のほうが悪魔以上に悪魔的な描写がありましたね。

興味のある方は読んでみてもいいかもしれません。

表現が過激なので、そこだけ気をつけていただけたら…

  

やさしい悪魔を目指すもアリかも。

次回はもう少し明るいネタが提供できるように頑張ってみますね。

ほんじゃあね、もりーでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする