もりーとは何者?part8

どうも、もりーです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

ついにpart8です。最終partです。

許せ、読者さん…これで最後だ。

(↑言ってみたかっただけ。)

自分語りはあまり好きじゃなかったけど、

いざやるとなかなか面白かったです^^

自分を見つめなおすきっかけにも使えるので、

就活とかの面接対策にも使えるかもしれませんね。

…では、最終part、はじまりはじまりー。

苦しいだけの日々、新たな挑戦

地元鳥取に戻ってきたもりー。

正月からずっと引っ越しだのなんだのとバタバタしてました。

時間の余裕もなければ、金銭の余裕もない。

まさに貧乏暇なし状態。

交友関係もリセットされて、

気軽に飲みに行こう、飯食いに行こうとかができなくなった。

そのかわり、休みは一人の時間が増えて、自由な感じがした。

パチンコ、スロットを趣味の延長みたいにして始めた。

最初から収益化を狙っていたので、

ネットで見つけた勝ち方教えますという講座を参考に動き回った。

結果はパッとしなかったが、一人で黙々、淡々と台に向かうのは

性にあったのか、第二の仕事みたいな感覚を覚えた。

本業は大変だった。

1日12時間拘束のシフト、複雑で覚えきれない作業内容、

人間関係などに頭を抱えることになった。

頑張ってやっているつもりでいても、

「やる気あるのか?」と言われたり。

職場の雰囲気になじめず、疎外感を感じることがほぼ毎日だった。

周りにビビったり、委縮しながら作業して、余計怒られたり。

どうすりゃいいんだと思いながら過ごしていた。

東京いたほうがよかったんじゃないかと思うこともあった。

そう思わせる事件もあった。

派遣会社から、今回の配属に関しての費用(引っ越し代など)は

規約の関係で払えませんと言われたのだ。

怒る気力もなく、呆れ果てて、乾いた笑い声をあげた。

何しに鳥取に戻ってきたんだと思わずにはいられなかった。

そうこうするうちにネットビジネスに出会った。

自由で、ネット環境さえあれば稼げる。

そういう世界があることを知って、動かずにはいられなかった。

30年間、自分が苦しんできた世界に対して

一矢報いるというか、反逆するというか、

そんな気持ちがわいてきた。

そして新たな地平に向かって歩む決意を固めたのだった。

今後に続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かめ より:

    はじめまして、感想を送らせていただきます。かめと申します。ツイッターからもりーさんのブログにたどり着きました。(Twitter:@kame_amespo)

    プロフィールを読み、すごくもりーさんに共感しました。自分はまさに今人生の崖っぷちいにいるので、もりーさんの逆転狙いの記事を励みに頑張りたいと思います。

    • もりー より:

      かめさん

      コメントありがとうございます。
      ツイッターでもお世話になっています。

      今後もかめさんの励みになるような
      記事が書けることを目標にして
      取り組みたいと思います。

      崖っぷちにいることを自覚していらっしゃるなら、
      崖から落ちないようにするイメージが持てているのかなと
      思います。まずはそのイメージを大事にしていきましょう!