もりーとは何者?part2

どうも、もりーです。

part1、読んでいただきありがとうございます。

ん?まだ読んでない?あら。part2始まりますけど、いいですか?

part2も面白いですけど、part1もなかなかですよ?

興味がわいたら即行動。part1はこちらからどうぞ

さて、ではpart2、開幕です。

必要以上に必要とされたがった

中学生になったもりー。まっさらな学ランがブカブカでやばい(笑)

環境は大きくは変わった感じはなかったですね。

1学年130人くらいのうち、ほとんどが僕と同じ小学校だったので。

そしてここから暴走が始まる…

学級委員、生徒会、部活などなど…

○○長とつくようなポストにがっついていったのである。

今思えば自重しろよと思う。

そう思ってた同級生も多かったろうなとも思う。

でも当時はそんなことは思いもしなかった。

注目を集めること、立場を上げていくこと、必要とされること…

意識はほぼそこに集約されていた。

加えて言えば、意識だけあって、能力が不足していた。

(能力不足を感じたのは年を取ってからだけども…)

そして立場があっても人の輪に入れないんだ…と何となく知った。

人生を変えた選択①

中学3年ともなると高校受験が控えてくる。

もりー、実はそこそこ勉強はできてて、学年で上位30位くらい。

もっと頑張ればトップ10位とかも見えるところにいた。

県立の進学校も視野に入れていける能力を持っていたので…

私立の特進コース狙いにしました。←!?!?

当時から努力は嫌いだったんですよね。

あと、みんなと競合するのもどうかなと思って。

人気の集中する微妙なところより人気の薄い堅いところへ。

こうやって書くと勝てるギャンブラーみたい…(笑)

そういうわけで私立高校の説明会に行って、話を聞くと…

学費免除するからぜひ来てくれ!!

…え?ってなりました。俺でいいの?って。

まあ悪い話じゃないし考えます、ということでお開きに。

その後推薦枠をもらい、簡単な面接を受けて、合格。

みんながせっせと受験勉強に励む中、一足先に受験から解放され、

次のステージの幕が上がろうとしていたのでした。

続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする